検索

Netflix『愛なき森で叫べ』にコメントを寄稿いたしました

2019年11月10日に配信開始となった、Netflix『愛なき森で叫べ』(園子温さん監督、 椎名桔平さん、 満島真之介さん出演 )に代表の今井がコメントを寄稿いたしました。

本日11月25日、様々な分野で活躍されている方々の感想コメント動画が配信されております。



後日、Netflixの公式Twitterでコメント全文が配信されるとのことで、今回は感想コメントの一部が使用されています。


“この狂気から逃れられるか 自信が揺らぐ 40歳 心理分析家”


動画内の上記コメントが今井のコメントです。

名前が掲載されず残念ですが、とても良い経験をさせていただき感謝しています。

(Twitterでは名前が掲載されるといいな、と思っていますが、どうなるでしょうか??)


映画へのコメント寄稿は初めてのお仕事で、また、初仕事にしてかなりヘビーな内容だったため、試写会が終わり、コメント寄稿を終えた後は正直とても疲れました。


村田丈を中心に猟奇的な世界へと引きずり込まれていく人々の心理を分析していると、村田丈の巧妙なマインドコントロールの手口に恐怖を感じていきます。


ヘビーな内容と書きましたが、マインドコントロール、コンプレックス、殺人、死体遺棄、など、私が感じたキーワードではありますが、これらを見ても過激な内容であることがお察しいただけると思います。


『愛泣き森で叫べ』

https://www.netflix.com/jp/title/81133621


実在の事件にインスパイアされた日本映画界の鬼才・園子温監督が、猟奇殺人者の狂気を独特な視点で生々しく描き出す。


<ストーリー>

自主映画を制作する若者や悲しみを抱える女性たちだけでなく、その家族の人生にまで入り込み、思いのままに彼らを操る詐欺師。そのゆがんだ欲望は尽きることがない。


<出演>

椎名桔平、 満島真之介、 日南響子


公式HPより)


『実際の事件にインスパイアされた』とありますが、その事件は私の故郷でもある北九州市で起きた凶悪殺人事件で、内容の過激さから当時は報道規制がされた事件です。

ふと報道を観たときの記憶が蘇り、当時感じた異常さや恐怖を思い出しました。


ただし、映画はその事件を忠実に描いたものではありません。

友情、恋、愛、家族愛・・・

それらを考えさせられる映画でもあります。


また、日々心と向き合う専門家としては、

自己肯定感やコンプレックスとの向き合い方について考えさせられる映画でもありました。


ご興味のある方はぜひご覧ください。


Twitterでのコメント配信がされましたら、またお知らせいたします。

17回の閲覧
Infomation

LIB Laboratory

 〒231-0861
 神奈川県横浜市中区元町2-95-2

 Maffice横濱元町

Contact

​お仕事のご依頼、求人へのご応募など、LIB Laboratoryへのご連絡は下記よりお問い合わせください。

公式LINE

公式LINEでイベント情報、コラム更新情報などを発信しています。また、チャット機能を利用して、お気軽にお問合せもしていただけます。ぜひ、ご活用ください。

LIB Laboratory用LINE@バナー.jpg

© LIB Laboratory