検索

2020年もありがとうございました

最終更新: 3月18日

こんにちは。

LIB Laboratory代表の今井さいこです。


まもなく2020年が幕を閉じようとしています。

元旦にはまさかこんなにも変化した世の中で年末を迎えるとは想像だにしていませんでした。


私が社会人として歩みを始めたころ、ダーウィンの「生き残る種とは、最も強いものではない。 最も知的なものでもない。 それは、変化に最もよく適応したものである」という言葉と出逢いました。生物の進化について語られた言葉ではありますが、ビジネスにおいても同様であると、当時の上司(社長)に教えてもらいました。



その頃はまだまだ未熟者で、自分が成長することに必死だったのでその意味を頭では理解していたものの、実感としてはよくわかっていませんでした。

ですが、2020年はこの言葉をとくと実感いたしました。


外出自粛

ビジネスのオンライン化

マスク着用の日常化

ソーシャルディスタンス

などなど・・・


人間は、大きな環境の変化にも対応しうる種なのですよね。だからこそこれまで生き延びてきたのだと心から実感しました。


また、ビジネスにおいても多くの人、企業が激変したビジネス環境に対応しようと変化を遂げてきました。これは今も現在進行形だと感じます。ビジネスだけではなく、教育や医療など幅広い分野で形態がオンライン化し、自宅にいながら様々なことができるようになりました。すごいことですよね!



ただ、変化を遂げたと感じる一方で、置き去りにされているのが「心のケア」だと感じています。

人は元来、変化にストレスを感じる生き物です。これだけの変化が起きた中で、何もストレスを感じなかった人はいないはずなのです。夏以降、カウンセリングのお問合せも増え、私自身このことを実感しています。


自殺者の数が増加傾向にある中で、私ができることは微力だとしてもあるはずだと考えています。自分にできることから少しずつ始めていく2021年にしていきたいと思います。


2020年、本当に多くの方に支えていただき無事年末を迎えることができましたことを感謝いたします。ありがとうございました。

勝手を申しますが、2021年は1月5日(火)から業務を再開いたします。


皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。



3回の閲覧