検索

妊活中に仕事を辞める勇気

妊活中の女性から「仕事を辞めて子作りに集中したほうがいいか悩んでいる」という声がよく聞かれます。“ リラックス”した生活だったら妊活がしやすくなるのでは、という考えが退職を考える主な理由のようです。

しかし、仕事を辞めること=生活スタイルのゆとりに繋がるか否かという点は、決断を下す前に熟考する必要があります

今回は、仕事を辞めるかどうか悩んでいる妊活WOMAN®さんに向けたコラムです。



■リラックスできる方法とは?

“ リラックス”とはどのような状態をいうのでしょうか?好みの音楽を聴きながらゆったりした気分を表現しているのでしょうか?それとも金銭的な余裕によって生活にゆとりが出る状態を指すのでしょうか?

一概にリラックスといっても、人がリラックスできる手段や方法は個々によって様々違います。そして、一見リラックスできそうなだと思った行動が逆にストレスに変わる可能性もあります。


■ストレスとの関係

個人によってストレス要因やその度合いは違うものの、生活環境の変化は精神衛生に影響を与える要因の一つであることは様々な研究でも証明されています。

そこで、さらに詳しくストレス度合いを知るために米国の心理学者らが「社会的再適応評価尺度( Social Readjustment Rating Scale : SRRS、Holmes and Rahe Stress Scale)」を開発しました。この評価尺度は人生で起こりうる43項目の出来事に点数をつけ、それぞれの心身への影響度を測定することを目的としています。これら項目には事故、怪我、離婚、解雇など辛い経験のみではなく結婚や出産などの 一般的には喜ばしい出来事 も含まれています。


さて、米国のある研究機関がこのスケールを用いて 10大ストレス要因を調べたところ、 1番目がパートナーとの死別、10番目が退職、さらに26番目が結婚パートナーの離職という結果が得られました。事実、様々な心理研究で今までの生活に組み込まれていた“働く”という行動が無くなることは人によっては心のロス(喪失)にもつながると言われています。


■心地よく感じる勇気

仕事を辞め、もっと自由な時間を作って妊活に励みたいと思うのは、ごく自然に生まれる考えでしょう。しかし、実行する前に自身の判断の適切性を見極める必要があります

決断の実行によって 得られることと失われることのバランスが自分にとって心地よく感じられることはとても大切です。

勇気を出して仕事を辞めた結果、 心身に過剰なストレスを与えてしまっては本来の目的の“リラックス”とは正反対な結果を招いてしまいます。妊活をするにあたって自分の行動を心地よく感じることが最も大切です。思い切って妊活に集中するためには“仕事を辞める勇気”も必要になります。

  • 仕事が忙しいから妊活がうまくいかない

  • 家でゆっくりする時間がないから妊活が始められない

このような心の葛藤を一時的でも区切りを付けて振り払うことは大切です。

勇気とは、自分を追い詰めて行動をするのではなく、自分にパワーを与えて何か可能性を導いてくれるものです。“仕事辞める勇気”が出た時は、新しいことにチャレンジする自分を見出したことになります。そして、勇気によって自分の欲することが明確になった証でもあります。

自分の気持ちと向き合い、仕事を辞めることの心地よさがどの程度心の中にあるのか、じっくり考えてみましょう。

↓1人で考えられないときにはこちらがオススメ↓

◆心理カウンセリング

 https://www.liblaboratory.com/book-online


安藤 麻矢 Maya Ando


ライター歴20年。専門分野は社会科学。趣味は動物の短編を書いたりイラストを描いたりすること。同情よりも共感が少なくなっている世の中、小さな手助けが人の心を救えることを信条としている。米国大学にて心理学学位取得、香港の大学にて健康行動学でマスターを取得しており、グローバルな視点と知識をもとにしたコラムを執筆している。LIB Laboratoryでは自身の介護経験を通じて感じることを心理学的な視点を交えてお伝えしている。

https://www.liblaboratory.com/andomaya

6回の閲覧
Infomation

LIB Laboratory

 〒231-0861
 神奈川県横浜市中区元町2-95-2

 Maffice横濱元町

Contact

​お仕事のご依頼、求人へのご応募など、LIB Laboratoryへのご連絡は下記よりお問い合わせください。

公式LINE

公式LINEでイベント情報、コラム更新情報などを発信しています。また、チャット機能を利用して、お気軽にお問合せもしていただけます。ぜひ、ご活用ください。

LIB Laboratory用LINE@バナー.jpg

© LIB Laboratory