検索

年齢が高いというだけで子どもを持つことを諦めない!高齢出産で大切なこととは?

多忙な現代生活、女性も男性も平等に給料を得ることができ、自由な生活を送れる時代。人生は一度切り、独身のうちに、また結婚しても子供が出来る前にやりたいことは沢山あります。習い事、旅行、遊び、したいことが沢山あって、それらに夢中になるうちに結婚や妊娠が遅くなることもあるでしょう。

今回のコラムでは、高齢出産となる妊活WOMAN®さんに向けて、「子どもを授かる」ことを考えるときに大切なポイントをお伝えします。



■「子どもが欲しい」気持ちに嘘をつかない

日本の平均初婚年齢をみても、都道府県によって差異がありますが女性に焦点を当てると30歳近い地域もあります。また、2014年には初めて出産する女性の平均年齢は30.6歳と、30歳を超えたことで話題にもなりました。30代後半、40代、はたまた50代になって『子供が欲しい!』と思う女性も少なくないはずです。

高齢出産で考えるべきはさまざまなことに対するリスクです。母体のみならず子供の身体への影響などを事前に知ること、そのリスクを