検索

夏の介護、『当り散らし』に要注意! 理由を知って未然に防ぐ

更新日:2021年5月27日

気温は30度を超え、温度は人間の平均体温に近いかそれ以上にも上昇する夏。そんな暑さの中での介護は大変です。介護される側も介護する側も普段以上に心身への負担は大きくなります。人は暑いとイライラしがちで誰かに当たったり、行動が粗雑になったりしてしまうことがあります。一体、その原因は何なのでしょうか? 今回は、 暑い季節の介護中に「暑さでイライラが止まらない!」についての理由と対処方法ついてお伝えします。



■『暑さでイライラが止まらない!』暑い夏の介護に要注意は


介護は日々様々な問題に直面し、在宅での介護は特に24時間気を張り詰めなくてはならない場合もあるほど、身体的にも精神的にも非常に負担が大きい仕事です。特に、夏や冬などの平均気温より温度が大幅に変化する季節は、介護される側も介護する側も身体への負担が大きくなります。

日本の夏の温度は30度を超え、埼玉県熊谷市などでは度々40度を超える気温となりニュースになる程、猛暑の夏。人間の平均体温はおよそ36度強とすると体の温度に近い外気温の中での生活は体のみならず、心にも影響を与えます。「暑いとイライラする」、といった言