検索

育毛剤で男性不妊になるって本当?気になる種類や副作用について

男性型脱毛症(AGA)で悩んでいる男性にとって、「育毛剤は希望の光」と言っても過言ではありません。しかし、その育毛剤が精子に悪影響を与え、男性不妊となってしまうというという噂もあります。 この噂が本当なのかどうなのか、育毛剤を使用中で、なおかつ妊活中の方は気になるところではないでしょうか?

今回は、育毛剤が与える影響や副作用について、詳しくみていきましょう。


■男性不妊の原因と言われている育毛剤は?

育毛剤には、市販されているものから治療薬までたくさんありますが、男性不妊の原因になると言われているのは「プロペシア」「ザガーロ」「ミノキシジル」です。

少しわかりにくいのですが、プロペシアの主成分はフィナステリドで、インターネットでもよく一緒に検索されています。ザガーロは総称で、一般的にはデュタステリドと呼ばれています。また、ミノキシジルは商品名ではなく「成分」で、市販の育毛剤や発毛剤にも使われている成分です。



■育毛剤が原因で男性不妊になる?

実は、プロペシア(主成分:フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)には勃起不全ミノキシジルには性欲減退の副作用が報告されています。そのため、「育毛剤で男性不妊になってしまうリスクはある」と言えるでしょう。

ただ、先入観が与える精神的な影響も大きいようなので、次の項目で詳しくみていきましょう。


■プラセボ(偽薬)でも性欲減退や勃起不全に!

プロペシアのプラセボを使った実験では、プラセボであるにもかかわらず、性欲減退や勃起不全の症状があらわれたケースも発生しています。実験の結果からわかるように、性欲減退や勃起不全の副作用があるという「先入観」が精神的に影響を与えるケースもあります。まずは、不妊治療をおこなっていることを医師に相談し、育毛治療を続けるかどうかの判断を仰ぎましょう。

また、プラセボでも先入観により精神的な影響が出たように、不安な気持ちが妊活に影響を与えてしまうことも考えられます。まずは、不安な気持ちをやわらげ、先入観を取り払ってみましょう。


■男性不妊で悩んでいる妊活女性やパートナーの方へ

妊娠できない原因が「男性不妊」の場合、原因を抱えているパートナー本人に相談できず、悩みや不安でいっぱいになってしまう妊活女性も多いようです。また、「親族や友人に相談をして、何かの拍子でパートナーの耳に入ってしまったら…」と不安に感じてしまうこともありますね。

LIB Laboratoryでは、そういった妊活女性の不安な気持ちをサポートできるよう、カウンセリングもおこなっています。 妊活中の不安や悩みをやわらげるだけでなく、メンタルとの向き合い方や回復方法について、女性カウンセラーが真摯に対応します。ぜひ、お気軽にお問合せくださいね。




◆心理カウンセリング

https://www.liblaboratory.com/book-online


山内良子 Ryoko Yamauchi

2008年頃から接客業務改善などの業務に携わりながら、資格を生かした親子クッキングイベントなどを開催。現在は主にライターとして活動し、旅や暮らし、インタビューや経営者向けの記事など幅広く執筆中。「妊活WOMAN®コラム」では、学んだ心理学を活かしながら、女性の気持ちが軽くなるような記事づくりを目指している。

https://www.liblaboratory.com/yamauchiryoko

16回の閲覧
Infomation

LIB Laboratory

 〒231-0861
 神奈川県横浜市中区元町2-95-2

 Maffice横濱元町

Contact

​お仕事のご依頼、求人へのご応募など、LIB Laboratoryへのご連絡は下記よりお問い合わせください。

公式LINE

公式LINEでイベント情報、コラム更新情報などを発信しています。また、チャット機能を利用して、お気軽にお問合せもしていただけます。ぜひ、ご活用ください。

LIB Laboratory用LINE@バナー.jpg

© LIB Laboratory