検索

妊娠できない悩みを克服するために一歩前へ出てみませんか?


このサイトを見ている妊活WOMAN®さんの多くが、このことで悩んでいるから見てくださっていることと思います。そんなとき何をしたら良いのでしょうか。


今日は今の状態から抜け出すために一歩踏み出す方法についてお話ししたいと思います。


■ショック状態に陥っていませんか?

私のもとにくる妊活WOMAN®さんの多くが

「まさか自分がこんなに妊娠できないとは思ってもいなかった」

と、言います。


私も同じように感じて不妊を受け入れるのにかなり時間を要しました。

”妊娠できない → すぐに検査だ! → 必要なら不妊治療へすぐステップアップしよう!”

こんなふうに割り切れる人は少ないでしょう。


思ってもいなかったことがわが身に起きた時、人の心はショック状態に陥ります。

「妊娠できない」


そのあとにあなたが考えたことはどんなことですか?


「でも、私健康だし」

「でも、毎月ちゃんと生理はあるし」

「でも、まだ避妊から1年は経っていないし」


でも、〇〇”って考えませんでしたか。心が「妊娠できない事実」を受け入れられず、事実を否定する証拠を探そうとしている心理状態です。現在この状態にあるのであれば、まずは「妊娠できていない」という事実を受け入れるために行動をしましょう。



■事実を受け入れる行動とは?

それでは、事実を受け入れるための行動とはどういうものでしょうか。

その一歩は、「事実を受け入れられない理由を探す」ことです。


  • 不妊治療はしたくない

  • 自然妊娠にこだわりたい

  • お金をかけてまで妊娠したくない

ご自身がどんな気持ちから「妊娠できない事実」を受け入れることができないのか、このことを考えてみましょう。もしかしたら自分でも思ってもいない理由で受け入れることができず、それを意識することですんなりと先に進めるかもしれません。



■「私は健康です!!」私が不妊を受け入れられなかった理由

先ほど私も不妊を受け入れるのに時間がかかった、とお話しましたが、不妊であることを受け入れられなかった理由は「私は健康だ」という思い込みからでした。

これまで大病もなく、健康だけが取り柄だと思って生きてきました。生理不順になったことも一度もありませんでしたし、ほぼ28日周期できっちり生理は来ていましたし、自分が不妊であることを疑う要素が1つもないと思い込んでいました。

そう。思い込んでいただけなのです。

よくよく考えたら、社会人1年目のときには骨盤腹膜炎が悪化して強制入院させられましたし、結婚1年目のときにはストイックな糖質オフダイエットの結果生理が止まっているのです。

でも、「私は健康だ」「健康しか取り柄がない」と思い込んでいたので、過去のそうした事実にはまったく行きつかなかったのです。あの頃の私は「健康な私は自然妊娠するべきだ」とも思い込んでいました。今考えると本当にお恥ずかしく、あの固執していた時間を取り戻したいとすら思います。

皆さんにもこういう「思い込み」や「価値観」による理由があるかもしれません。じっくり自分と向き合ってその理由を見つけてくださいね。



■情報に触れることで価値観を変えられる

理由が見つかったら、それを解決するための方法を探すために、妊活や不妊治療に関する情報に触れてみることをオススメします。その中には、妊活に関わるお話し会やイベントもあり、実際に情報を得る機会を持つことができます。探してみるといろいろなところで開催されていますし、オンラインでのイベントもあります。


LIB Laboratoryでも妊活CAFEという妊活WOMAN®さんのためのイベントを開催していますので、ぜひご利用ください。


◆LIB Laboratoryのイベント情報

 https://www.liblaboratory.com/

なぜ情報に触れることをオススメするかというと、自分自身で持っている妊活の情報というのは、自分で思い以上にとても少ないからです。その少ない情報を「すべて」だと思って妊活のさまざまな選択肢を狭めるのではなく、正しい情報に触れ、必要だと思うものを生活に取り入れることで妊活をスムーズに進めることができます。

1点注意点があるとすれば、『正しい情報』に触れることです。

インターネットはとても便利で、調べればどんなことでも答えをくれます。でも、その答えが正しいとは限りません。医師や専門家が出どころを明確にした情報であれば良いのですが、体験談などを100%鵜呑みにしてしまうのは危険です。

「あなたにとって必要な情報かどうか」がわからないからです。

参考程度に読むのは良いですが、それを正しい知識だとは思わないように気をつけてくださいね。

そうして、正しい情報や知識を身につけていくうちに、「妊娠できない事実」を受け入れられなかった理由となる思い込みや価値観が外れていき、受け入れられるようになります。

事実を受け入れられるようになったら、あとは前向きに妊活に取り組むだけです。


妊活中にメンタルがアップダウンしてストレスが溜まることはあると思いますが、そんな時にはこのサイトのコラムを読んでストレスケアに取り組んだり、妊活CAFEを上手に利用して妊活を乗り越えていきましょう。

一番身近にいる旦那さまや妊活仲間にお話をすることもメンタル面では大きな支えになると思います。


あなたがあなたらしく毎日生活できるように、「妊娠できない」ことで苦しい思いをしているなら早く解決をできるように行動していきましょう!


◆LIB Laboratoryのイベント情報

 https://www.liblaboratory.com/


今井 さいこ Saiko Imai


LIB Laboratory代表。公認心理師/睡眠指導者。

高校生の時「環境が心に与える影響」に興味を持ったことから、大学で心理学を専攻。臨床心理学を中心に認知心理学、知覚心理学、行動心理学、生物心理学、発達心理学を学ぶ。

その後、社会人としてベンチャー企業に勤める傍ら、心理カウンセラーとしての勉強と実践を積み、女性向けカウンセリングを始める。

2013年から7年間妊活支援に特化した心理カウンセリングを提供。現在は、睡眠指導者やナチュラルライフセラピスト、アロマテラピーアドバイザーの知識も活かした心理カウンセリングにより、心身共に健康に導くカウンセリング、パフォーマンスを上げるための睡眠指導をおこなっている。

https://www.liblaboratory.com/imaisaiko

0回の閲覧
Infomation

LIB Laboratory

 〒231-0861
 神奈川県横浜市中区元町2-95-2

 Maffice横濱元町

Contact

​お仕事のご依頼、求人へのご応募など、LIB Laboratoryへのご連絡は下記よりお問い合わせください。

公式LINE

公式LINEでイベント情報、コラム更新情報などを発信しています。また、チャット機能を利用して、お気軽にお問合せもしていただけます。ぜひ、ご活用ください。

LIB Laboratory用LINE@バナー.jpg

© LIB Laboratory